QLOOKアクセス解析

りさの美容日記

ヘアケアに関する情報を紹介しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ヘアケア~今日からできる!!簡単ヘアケア♪~

りさです


今日からできる簡単ヘアケア♪

ってことで、
タオルドライについて書きます

タオルドライは、
へアケアの基本中の基本です


吸水のいいタオルでしかり拭いて、
できれば8割くらいまで乾かしましょう(^^♪



しっかりタオルドライした後に、

ドライヤーの温風でしっかり乾かします♪


ここで注意点です


ドライヤーでしっかり乾かしたつもりでも
地肌が湿っていることは多々あります
しっかり根元まで乾かすように意識してあげましょう(^0^)/

一点だけに風を当ててしまうと
余計に髪の毛を傷めてしまうので気をつけてくださいね♪


最後に豆知識を

温風で乾かしたあと、
冷風を少し当てると髪が引き締まっていいですよ(#^.^#)

このページのトップへ

記事変更

ども、りさです^^

私のブログの記事が、
文が多くどうも見づらいようなので、
しばらく過去の記事を再編集して、
見やすいようにしていきたいと思います(#^.^#)

ということで、
しばらくは過去記事がまた投稿される感じになります^^;

すいません^^;

このページのトップへ

ヘアケア~抜け毛、切れ毛対策~

こんばんは、りさです^^

昨日は結局書けなかったんで、
今日は抜け毛と切れ毛対策について書いていきます


抜け毛と切れ毛ができる原因

抜け毛や切れ毛ができるのは、
キューティクルの損傷に原因があります

そもそもキューティクルは、
髪の毛を保護しているものなんですが、
このキューティクルのおかげで髪の毛はまっすぐ一本になっています

そのキューティクルが損傷してしまうと、
髪の毛の主成分であるタンパク質や脂質が流失してしまいます

そのことによって、
髪の繊維がバラバラになってしまい、
髪の毛が縦に避けて枝毛になってしまいます

また、
髪の毛の繊維がバラバラになってしまい、
ブラッシングなどで強い力を与えて切れてしまい切れ毛になります


次にその対策について話していきます

抜け毛、切れ毛の対策


結論を言ってしまうと、
抜け毛、切れ毛はいくらヘアケアしても治りません

なので、
まずは枝毛を切る必要があります

枝毛を放置していると、
さらに悪化してしまうことになるので、
枝毛を見つけたらとりあえず切るようにしてください

切り方は、
枝毛から最低3センチ上をまっすぐ切ります^^

斜めに切ってしまうとあまり効果がないので、
できるだけまっすぐ切るようにしてください

これでとりあえずは、
なんとかなります(^^♪


あとは、
日々のヘアケアをしっかりすることです

結局そうなるんだ・・・
と思うかもしれませんが、
キューティクルさえ傷めなければ、
枝毛、切れ毛の問題は起こらなくなります


真剣にヘアケアに取り組んでいくと、
数ヶ月でほとんど気にならなくなると思いますよ^^

それでは今日はこれくらいで終わります♪

あとで、
もう一つ記事更新しますね(#^.^#)

それではまた^0^/

このページのトップへ

髪の毛に対する女性の悩み

こんばんは、りさです^^

今日は‘女性の悩み’ということで、
女性は髪の毛のどのようなことに悩みを持っているのかを、
ランキング形式にしてお伝えします
^0^/

髪の毛に限らず美容のことって、
なかなか友達に相談しにくい
って人結構いると思います

私も仲がすごくいい友達じゃないと、
面と向かってはなかなか言いづらいです^^;

ということで、
みんながどんなことに悩んでいるのかを、
ランキング形式で発表していきます


・髪の毛の悩み


まずは20代から

1位 枝毛・切れ毛
2位 髪の傷み
3位 ボリュームがありすぎる
4位 くせ毛
5位 髪の毛が硬すぎる

20代の女性は、
髪の傷みが主な悩みみたいです

くせ毛やボリュームに対して悩んでいる人は
周りにも結構いるんじゃないでしょうか??

なので私は、
てっきりどちらかが1位だと思ってました

20代でも、
髪の傷みを気にしている人が結構いるんですね


続いて30代

1位 髪の毛のぱさつき
2位 抜け毛
3位 白髪
4位 スタイルが長持ちしない
5位 くせ毛

30代になると、
いよいよ髪の傷みが深刻になってくるみたいです

白髪が3位っていうのには驚きました

30代になると、
意外に悩みの種になるんですね

気をつけなきゃ


続いて40代

1位 白髪
2位 くせ毛
3位 薄毛
4位 髪が細い
5位 抜け毛

40代になると、
薄毛が結構悩みになってきます

このくらいから、
ヘアケアの成果がだいぶ現れてくるんじゃないでしょうか

この年代になって、
髪の毛が綺麗なら相当高評価な気がする


最後に50代

1位 白髪
2位 薄毛
3位 ボリュームがない
4位 髪が細い
5位 抜け毛

50代の女性の半数以上が
白髪に悩んでいました

意外に天敵なんですね

そういえば、
白髪についての記事を書いたことがない気が・・・
近いうちに白髪に関する記事書きますね

残りはすべて薄毛に対する悩みですね

正直、薄毛になってから対応しても、
なかなか成果が出るまでに時間がかかるので、
遅くとも30代からはヘアケアを意識して欲しいですね

でも時間がかかるだけで、
しっかりケアすれば改善されると思います


以上でランキングはおしまいです

どうでしたか?
自分の悩みと一致していれば、
少しは安心できたかなと思います

だいたいの悩みは、
自分意外にも多くの人が悩んでいるはずです^^

なんで、
特別気にすることはないです

めげずにヘアケアしていきましょう


今からちょっと用事あるので、
書けるかわかりませんが、
書けたらもう一つ記事更新しますね

抜け毛と切れ毛に関する記事です

無理ならまた明日更新します(^^♪

それではまた^^/

このページのトップへ

豆知識♪

こんばんは、りさです^^


今日は豆知識というか、
ちょっとした情報提供みたいな記事です

雑学的なものだと思って、
軽い気持ちで見てください


・本当に良いシャンプー

ある育毛本によると、
本当に良いシャンプーとは、
赤ちゃんが舐めても大丈夫なシャンプー
のことを言うらしいです

そんなシャンプーあるんでしょうか?笑

おそらく、
界面活性剤とコーティング剤が
全く入っていないシャンプーの事でしょう

まぁそうだとしても、
シャンプーを舐めても大丈夫ってなんか不思議ですよね

ちなみに、
一番体の害になるのは、
コーティング剤と石油系の成分らしいですよ


・ノンシリコンシャンプー!?

今やノンシリコンシャンプーと言えば、
ヘアケアシャンプーみたいな感じになってますよね

でもこのブログで何度か紹介している通り、
シリコンはコーティング剤であり、
コーティング剤の中では結構優秀なんです

なんで、
ノンシリコンシャンプーであっても
ノンコーティング剤シャンプーではない可能性があります

もし、
ノンシリコンシャンプーという事を
全面に押し出しすぎているものがあれば注意が必要です


・シリコン

シリコンはコーティング剤であり、
髪の毛をツルツルに見せ、
触り心地もサラサラにしてくれます

ただ使い続けていると、
髪のキューティクルを壊し
髪を傷つける危険性があります


これは意外じゃないですか?

触り心地は良いのに、
実は髪の毛が傷ついていっているなんて・・・

怖いですよね^^;

そうは言っても、
頭皮や髪の毛に目立った変化がないうちは
基本的には大丈夫みたいですよ

まぁここら辺はちょっと微妙なので、
また時間があるときに調べて書きますね


・シャンプーを使わないヘアケアがある

昨日も少し話しましたが、
シャンプーを使わないヘアケアがあるみたいなんです

前に少し紹介した、
プレシャンワーリングだけしかしないで、
数日に一回だけシャンプーを使って髪の毛を洗うという方法です

正直私はやる勇気ありませんし、
詳しいやり方までは知りませんが、
こういうヘアケアの方法もあるみたいですよ

プレシャワーリングの方法は、
下の‘プレシャワーリング’をクリックすると、
私が前に書いたシャンプーの方法の1で説明しています

興味がある人は、
見てみてください

プレシャワーリング


ということで、
今日はこの辺で終わります

一つくらい
へぇ~って思ってもらえたら嬉しいです(#^.^#)笑

それではまた明日^^/

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。