QLOOKアクセス解析

りさの美容日記

ヘアケアに関する情報を紹介しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

高級アルコール性シャンプー

こんばんは、りさです

野球勝ちましたね(#^.^#)
やばいです♪
めちゃくちゃ熱くなりました

あと、
今日は病院に行ってきました

初めて花粉症にかかり、
認めたくない意地もありまして・・・笑
一週間も放置してしまいました^^;

いやぁ~
薬をもらうと楽ですね

昼間はそれでもきついですが、
夜はだいぶ楽になりました

助かった

みなさんも花粉症になったら、
なるべく早く病院に行きましょう^o^/


さてさて、
今から本題を話していきます♪


高級アルコール系シャンプーは、
いま市販で販売されているほとんどのシャンプーです

高級アルコールというと、
すごく頭皮にいい気がしますがそんなことありません

頭皮にめちゃくちゃ悪いです

昔は石油シャンプーが主流だったんですが、
環境にも悪いということで今はなくなりました


高級アルコール系シャンプーの特徴としては、

・めちゃくちゃ安い
・泡立ちがいい
・洗浄力が強すぎる
・刺激が強すぎる


この4つが挙げられます

安さと泡立ちの良さが魅力ですが、
やっぱり刺激・洗浄力が強すぎることが問題です

そのことで頭皮を傷め、
必要な皮脂をとってしまいます

しかも、
なるべく安い成分で作られているため、
髪の毛や頭皮にとっていい成分はほとんど入っていません

そのため、
シリコンや香り付けで
少しでも使い心地を良くしています

なんで、
ヘアケアシャンプーは物足りなくなりますし、
市販のシャンプーが髪の毛に良いような錯覚を覚えてしまいます


また高級アルコール系シャンプーには、
界面活性剤も多く含まれています

界面活性剤は、
汚れを落とすために必要な成分なので、
市販のものだけでなく、
いろいろな種類のシャンプーに入っています

しかし、
市販のものはともかく強すぎ、
主成分として多く含まれています

これがヘアケアシャンプーとの違いかもしれません

変なものでない限り、
ヘアケアシャンプーは極力量や刺激を抑えるようにして、
天然ものを多く使用しようとされています

しかし、
天然のものに近づければ近づけるほど、
その分費用が高くなってきます

そのため、
市販の安いシャンプーでは
悪い成分が主成分となってしまいがちになります


補足になりますが、
ヘアケアシャンプーも高ければいいなんてことはありません

ノンシリコンで界面活性剤不使用のシャンプー
と謳っているシャンプーでも、
コンディショナーとセットで販売されており、
そのコンディショナーには、
たっぷりシリコンや界面活性剤が含まれている

なんてこともあるようなので、
そこら辺はきちんと確認するようにしてくださいね


専門家の話によると、
3千円以上のシャンプーはほとんど差がなく、
あとは成分をみて自分が気に入るものを使えば良いそうです

宣伝になりますが、
Dr.natureのシャンプーは約3000円で、
シャンプーだけのケアなので、
コンディショナー代とか考えると結構安いと思います

私も実際に使っていて、
本当にいいものなので、
ぜひ一度使ってみてもらいたいです(#^.^#)

ほんとオススメです(^^♪


久しぶりに、
普通の記事中でガッツリ宣伝してしまいました(笑)


まぁこんな感じで、
今日は終わります

それではまた明日^^/
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。