QLOOKアクセス解析

りさの美容日記

ヘアケアに関する情報を紹介しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

Dr.natureの成分~Dr.natureの欠点~

ども、りさです^^

これから、
Dr.natureの欠点について話します

Dr.natureの欠点とは、
合成界面活性剤が含まれていることです

ということでこれから、
合成界面活性剤について書いていきたいと思います


Dr.natureの成分のうち、
ラウリル硫酸TEA、ラウリルベタイン、ラウレス硫酸Na、
デシルグルコシド、ココアンホ酢酸Na
この5種類が界面活性剤の成分になります

つまり、
界面活性剤0のシャンプーしか無理
っていう人にはお勧めできません

別に1種類入っているからといって、
どうなるってものでもないと私は思いますが

なぜなら、
「合成界面活性剤が1つでも入っていたらやめたほうがいい」
と言っている人もいれば、
「合成界面活性剤が○種類入っていたらやめたほうがいい」
と言っている人もいるからです

どちらもヘアケアについて詳しく、
合成界面活性剤についても知っている人の意見です。

正直ここら辺は、
個人の考え方によると思います


それでも、
ラウリル硫酸TEAラウレス硫酸Na
少々問題ありの成分だと思います

これらの成分は洗浄力が強すぎて、
必要な油分までとってしまう恐れがあるからです

しかしその強すぎる洗浄力を中和するために、
ラウリルベタインが配合されています。

まぁラウリルベタインも合成界面活性剤ですが

では、
なぜ少々問題ありの成分が配合されているのかというと、
洗い上がりのさっぱり感を出すためみたいです

この成分が間違いなく薄毛の原因ではないため、
私は気にせず使ってますが、
気になる人は使わないほうがいいのかなとも思います^^;


シャンプーにもコンディショナーにも
一つも合成界面活性剤やシリコンが使われておらず、
洗い上がりもパサつきがなく匂いもいい


というようなヘアケア商品はない
と私は思っているので、
どこかで妥協が必要かなぁと思います

その中で、
私が行き着いたのがこのDr.natureです

逆を言えば、
今日この記事で挙げた5つの成分以外は、
問題ありと思われるような成分はないと思います(^^♪
・・・あくまで私の今の知識ですが

その中で、
私は今日挙げた2つの成分が唯一気になったので
一番最初にフォーカスしました


最初の方の話に戻りますが、
合成界面活性剤が5種類までなら大丈夫♪
と言っている人もいるので、
そこまで気にしなくてもいいのかなぁと個人的には思います^^

市販のものはこんなもんじゃないですからね

ということで、
今日はこんな感じで終わります

野球応援しましょ

それではまた明日^^/
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは☆
界面活性剤ってあんまりよくないって
聞くけど、詳しいことぜんぜんわらかない私^^;
お勉強になります~♪
何がよくて何が悪いのか難しいですよね。
今、シャンプーもノンシリコンを謳ったものが
たくさん出てきているので、選ぶのにも
迷っちゃうくらい…
すこしずつでも知識を深めていけたらいいなって
思ってます^^

himeko | URL | 2013-03-06(Wed)22:57 [編集]

こんばんは~^^

確かにノンシリコンで完全にオーガニックなシャンプーで
[洗い上がりもパサつきがなく匂いもいい]ってなかなか無いですよね^^;

私は市販のあまりにも安いシャンプーは避けてますが
それ以外だとあまり気にせず使ってます^^;
Dr.nature良さそうですね♪
一度買ってみようかな^^

YUKO | URL | 2013-03-06(Wed)23:38 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。