QLOOKアクセス解析

りさの美容日記

ヘアケアに関する情報を紹介しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ヘアケアシャンプーの7つの条件

こんばんは、りさです^^

今日はヘアケアシャンプーの7つの条件について話そうと思います

昨日も話しましたが、
ヘアケアシャンプーと謳っておいて、
実はリンスやコンディショナーに大量のシリコンが使われている
なんてことはざらにありますし、

シャンプー自体にも
安価なラウリル系の合成界面活性剤が使われている
なんてこともあります

こんなシャンプーを使っていては、
高いだけで市販のものとなんにも変わりません

真のヘアケアシャンプーと
そうでないシャンプーを見分けるためには、
シャンプーの成分を見ることが一番重要です

基本的には、
一番多い成分から上位表示されるので、
こだわりの成分がどれくらい入っているかを
確かめる手段としてもとても有効なので、
ぜひ覚えておいてください(#^.^#)


今日はそんな成分とは、
ちょっと違う視点からヘアケアシャンプーの条件を書いていきます

ヘアケアシャンプーの7つの条件

・汚れや余分な皮脂を落とす洗浄力
・弱酸性を示すペーハー値(PH)
・無添加・低刺激の安全性
・適度な泡立ち
・殺菌力
・品質持続性
・頭皮の健康を守ること


これらの条件を満たしたものが、
真のヘアケアシャンプーということができると思います

成分的なものに少し触れると、
ヘアケアシャンプーと呼べるものは、
100%天然アミノ酸系シャンプーです

アミノ酸は、
肌にも良く天然なものなので、
安心して使うことができます(^^♪

私はシャンプーの個別批判みたいなことはやっていないので、
このシャンプーはどうですか?
みたいな質問をされても答えられまえんが、
この成分はどうですか?
という質問なら答えられるので、
気になるものがあればコメント欄から質問お願いします^^

まぁ大半はググれば出てくると思いますし、
私も質問されたらまずはググります

と言っても、
調べるのはめんどいですよね

なんで、
私が代わりにググるので
気にせずガンガン聞いてください

知り合いに美容師の人もいるので、
ググって出てこなくてもだいたいわかると思います


ヘアケアシャンプーは、
きしみがどうしても気になります

一度ヘアケアシャンプーを使ったことがあったり、
数日使うと違和感はないのですが、
シリコン入りシャンプーに慣れていると、
どうしても最初は気になると思います

でもヘアケアシャンプーの触り心地としては、
ツルツルでもパサパサでもない指通りがベストです

これも知っておくと、
結構役に立つと思います^^

ということで、
今日はおしまいです

それではまた明日^^/
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは♪
すごくお勉強になります。
わたしも、最近はアミノ酸系にしています。
最初は、泡立ちも寂しい気もしましたけど、
だんだん慣れてきた感じ(笑
最近は、きしみが少ないノンシリコンも増えてきましたよね^^
頻繁に使うものだから、髪と地肌にいいものを選ばないとですね。

Riz | URL | 2013-03-03(Sun)21:41 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。