QLOOKアクセス解析

りさの美容日記

ヘアケアに関する情報を紹介しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

フケとかゆみ

こんばんは、りさです^^

今日はフケとかゆみについて書いていきます


フケが多く出ると、‘不潔’という印象を持たれてしまいますし、
かゆみがあると、とてもイライラしてしまいますよね

まぁ当たり前ですが、
この2つがあっていいことなんて一つもありません

しっかりシャンプーして清潔にしてるのに・・・
と悩んでしまうこともあると思います

ということで今日は、
‘なんでこういった症状になってしまうのか’
というそもそもの原因を書いていきます


・なぜフケとかゆみは発生するのか

頭皮の乾燥に加えて、
加齢や頭皮のトラブルという要素が加わると、
大量のフケやかゆみが発生してしまいます

ですので、
頭皮の乾燥と頭皮トラブルを防げば
こういった症状は起きないことになります

もともと乾燥しやすい人は特に、
・ドライヤーを一点に当てすぎない
・紫外線を浴びすぎない

という二点には気をつけるようにしてください

頭皮は髪に覆われているので、
結構ないがしろにしがちですが、
とてもダメージを受けやすい部位です

しっかりケアしてあげるようにしてください


・フケの種類

フケには、
・乾燥性のフケ
・湿性のフケ

という2つの種類があります

・乾燥性のフケ
皮脂の分泌量が少ない人に見られ、サラサラした小さなフケです。
シャンプーのし過ぎやシャンプーが合わないときに発生します

・湿性のフケ
皮脂分泌量の多い人に見られる、しっとりとした大きなフケです。
シャンプーをせず頭皮に汚れを残したままにしていると発生します


そもそもフケは、
頭皮の古い角質が剥がれたものです。

ですので、
髪の毛を掻いた時にたくさん落ちてくるのです

本来なら、
髪の毛の古い角質は頭皮の皮脂と交じり合い垢になります。
その垢をシャンプーで落として清潔な状態を保ちます

なんで、
頭皮の皮脂の量が適量でないと、
フケが発生してしまいます


最後に、
かゆみの正体について軽く触れておきます

フケとかゆみはセットのようなもので、
かゆみがあるとフケが発生します

かゆみは、
頭皮が刺激を受けると発生し、
刺激を受けるためフケもできてしまいます

そのため、
一番手っ取り早く解消するためには、
頭皮の皮脂の量を適量にしてあげることです

その方法については、
次回の記事で書きますね

とりあえず今日は、
フケとかゆみについて知ってもらえれば嬉しいです(^^)


それではまた明日^^/
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。